キッチン周りの家事をスムーズに行いたい!

キッチン周りの家事でストレスを感じる事は、@導線にストレスが無いか?A収納スペースはきちんとあるのか?B掃除がしやすい作りか?だと思います。以上3点の妥協はしない方がいいと思います。

洗濯導線を考えて設計する。

動線がしっかりしていると、
・時間の短縮
・効率よく動ける
・出す→しまうといった作業が楽になる
・効率が良くなるので、掃除もしやすくなる

料理が楽しく作れるキッチンにしましょう!
・キッチン中心にどう動くか?
・手の届く範囲内に調味料があるのか?
・保管してある食材は、手にとりやすい位置で保管されているか?
・調理中、ものが必要になっても冷蔵庫まですぐに手が届くか?
・作業中、人がモノを取りに来てもぶつからない導線か?
・洗い終わって拭いた食器はすぐに片付けられるのか?

キッチンの導線を考える

部屋干し出来るおうちにする

標準仕様で充実した食品庫が装備されている住宅やマンションはまだ少ない
家の中で最もモノの出し入れが頻繁で散らかりやすいところ、それはキッチンとリビングではないでしょうか。キッチンのそばに欲しいスペースBEST3は……
1位 食品庫
2位 分別ゴミの保管スペース
3位 LDKのための収納スペース
となり、半数以上のミセスが挙げたのが「食品庫」と「ゴミ保管スペース」でした。キッチンまわりは調理するための食材が毎日入れ替わり、ゴミも一番出るところ。でもストック食材やゴミは隠しておきたい。この「ストック食材が頻繁に入れ替わる」「ゴミが大量に出る」「ゴミやストック食材は隠しておきたい」という違うベクトルが共存しなければならないスペースがキッチンなのです。

欧米では「キッチンバックヤード」と言って、キッチンやダイニングと同じ広さの納戸のような食品庫があるのが普通ですが、日本では、最近でこそ小さな食品庫(パントリー付)キッチンも出てきているとはいえ、まだまだ少ないのが現実です。小さな机と椅子のある家事コーナーはあっても、そこに大容量収納はあまりついていません。 あえてキッチンバックヤードを作るためのリフォームをする女性がマンションでも一戸建てでも増えているのです。キッチン奥の和室を丸々潰して大きなパントリーとキッチンバックヤードにしたり、キッチンの奥に家族全員のファミリークローゼットやリネン類をすべて収納できる巨大壁面収納を設けたり……。 収納は、たくさんあるに越したことはないですよね。

キッチンバックヤードがある空間

おうちに家事を手伝ってもらおう!
  • 洗濯を手伝って貰おう
  • キッチン周りの家事を手伝って貰おう!
  • 収納で、スッキリ!片づけを手伝って貰おう!
エコで賢いおうちの建て方 リンク集を見る!
【PR】思い通りの一戸建て
アールギャラリー
〒468-0015 愛知県名古屋市天白区原2-507
http://www.arrgallery.jp/works/