収納に悩みたくない!

収納庫は大きい方がいい!って思いますが、実際大きいだけですと、そこに物がたまって片付かないという悪循環が・・・。その部屋に合った、収納の仕方があり、その場所に合った物をしまえる≪収納≫を設計しましょう!

大きな収納庫より、その場所に合った小さい収納庫

広い収納を設けると、捨てればよいものもしまい込む――そういう弊害が生じてしまうのだ。  そこで、現在は収納に対する考え方が変わってきている。一言でいえば、「収納は量より質が重要」という考えになった。つまり、むやみに収納スペースを増やしても、“収納下手”は死蔵されるモノが増えるだけ。それより、使いやすい収納を必要最小限設置し、いらないモノは極力捨ててもらおう、という考えに変わったわけだ。    同時に、理想的な収納は使う場所に設けること、ということも分かった。前回、書いたように、掃除機はリビングにしまっておくのが都合がよいというわけだ。  だから、6畳大のウォークインクローゼットをひとつ設けるより、1畳大の収納スペースを家中にちりばめたほうが、はるかに使い勝手がよい。

リビングから最短距離で行ける場所にあると嬉しいのが、掃除用具の収納。皆が集まる場所ほど汚れやすいので、気づいたときにささっと済ませたいものです。しかも階段近くにあるから、他の階もついでに・・・という気持ちにさせてくれます。

棚が左右に移動する本棚をご存じですか? 玄関を上がって右手に回り込んでから、そこにある扉を開けるとスライド式の下駄箱が。前後2列だからたっぷりの収納力。小さくあけた丸穴は通気のためだそうです。細かい部分まで気遣いが行き届いていますね。

キッチンの導線を考える

集能力のあるおうちづくり

長く快適に暮らすためには、間取りや設備はもちろんのこと、 『収納力』が大切だとよく言われます。 単純に専有面積が広いからといって快適に暮らせるワケでもありません。 必要な場所に、必要な収納スペースが どれぐらい確保されているか?がポイントとなります。 細かく、どこにどのような収納が必要か、考えてみましょう!

玄関の収納
女性からの支持率が高い『シューズインクローク』。 棚の高さは自分で調整可能となっているため、 ロングブーツに合わせ高さを変えることもできます。 これなら、ついつい“出しっぱなし”になりがちな靴をスッキリ目隠ししてくれます。 奥行があれば、手前のスペースに、ゴルフバッグや写真のような傘立ても置けそうですね!
LDKの収納
部屋のコーナーに、飛び出さない備え付けの収納などがあると、こまごました小物が収納出来て便利です。 お気に入りのDVDやCD、書籍などお部屋でくつろぐ時のリラックスアイテムをスッキリと収納できます。 収納カゴを使って整理すると取り出しやすくなりますね!
お掃除道具等をしまっておける物入があるとベスト。 、ダボの位置を変えれば棚の高さを調整できますので、長尺物の収納もOK! お客さまを招き入れる前に、LDの床をササっとお掃除できるように ここへモップや掃除機などを収納しておくと便利です。
キッチンの収納
缶詰や調味料などのストックが保管できるパントリーや、包丁専用スペースまで! 包丁を『縦』ではなく『横』にスライドして収納できる仕組みなので、 誤って足元に包丁を落とす危険性が軽減される安心設備です。 小さなお子さんをお持ちのご家庭にオススメ!

収納のあるおうちづくり

おうちに家事を手伝ってもらおう!
  • 洗濯を手伝って貰おう
  • キッチン周りの家事を手伝って貰おう!
  • 収納で、スッキリ!片づけを手伝って貰おう!
エコで賢いおうちの建て方 リンク集を見る!
【PR】通販でトイレを買う
トイレって意外に激安
激安価格のトイレを買って、お値打ちにトイレの工事や交換をしよう!